Uber Eats(ウーバーイーツ)出店にかかる初期費用と手数料について

Uber Eats 無料導入サポート

Uber Eats(ウーバーイーツ)初期費用・店舗登録費用・レストラン側・飲食店出店にかかる手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店の初期費用はいくら?

キャンペーン期間中のため0円です

Uber Eats の新規出店にかかる初期費用はキャンペーンにより変動します。

詳しい登録方法はこちら

その他にかかる費用

追加で写真撮影をUber へ依頼する場合、撮影費用が1時間あたり13,000円(税込)発生します。

  • 料理の写真はスマホ撮影で問題ありません。
  • タブレット端末は中古スマホで問題ありません。*OSは iOSもしくはAndroidが必要です。

 

実店舗をオープンする場合、開業資金および運転資金として最低300万~1,000万円は必要です。Uber Eats は現在キャンペーン期間中のため初期費用0円でネット上に2店舗目をオープンできます。

Uber Eatsと提携する理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)に毎月支払う手数料はいくら?

ここでは、毎月の手数料、使用料、ランニングコストを解説します。

配達の手数料は35%です。

例)売上100万円 - 配達手数料35% = 65万円が加盟店に振り込まれます。

Uber Eats の加盟店は「外部の配達パートナー」を利用します。配達パートナーが配達を完了した時点で売上が発生します。毎週、売上金額から35%引かれた金額が銀行口座へ振り込まれます。

テイクアウトの手数料は12%です。

例)合計売上100万円 - テイクアウト手数料12% = 88万円が加盟店に振り込まれます。

Uber Eats の注文アプリからテイクアウトを選択された場合の手数料です。テイクアウト不可の場合には、店舗登録時に「テイクアウト不可」を選択できます。

Uber Eatsと提携する理由

その他、加盟店が負担する費用とは?

飲食店レストラン側にかかるコスト

デリバリー・テイクアウト用の容器代がかかる

容器代が原価に加わります。

デリバリー用の容器は「頑丈」にすべし

特にスープやドリンクを扱う店舗では、配達中にこぼれるリスクを考えて液体漏れの対策が必要です。

【事例】カレーショップの梱包対策
【事例】カレーショップの梱包対策

梱包が弱いと「売上低下」につながります

スープ系、ドリンク系、それ以外の料理でも、運んでいる最中に漏れやすい商品は「配達パートナーによりキャンセル」されやすくなります。

漏れやすい商品を注文者へ届け、自宅で漏れていることが発覚すると「梱包が不適切」となり、店舗のレビューが下がります。

高評価を得るためにしっかり対策しましょう。

Uber Eatsと提携する理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)初期費用・手数料まとめ

キャンペーン期間中は初期費用が0円です。Uber Eats なら1人で月商100万円以上も可能です。

12%、35%の手数料はやや高めですが、配達スタッフを雇用する必要がないため、非常に魅力的ではないでしょうか。

初期費用や手数料についてご不明点があれば、お問い合わせください。

Twitter をフォローする
Uber Eats に出店しませんか?

Uber Eats 無料導入サポート