Uber Eats や出前館の端末を一つにまとめる方法とは

本ページはプロモーションが含まれています。

Uber Eats 導入サポート

フードデリバリーサービスの課題

Uber Eats を筆頭に、現在国内では様々なデリバリーサービスが増えてきました。「出前館」や「menu」など同じメニューを登録すれば注文される機会も増えて売上UPにつながります。

しかしそこで問題になってくるのがタブレットの増加問題。各運営サイトごとにタブレット端末の導入が必要なので、小さいキッチンなどに6台や7台置いていると注文や在庫状況の管理が負担になってきます。

タブレットを一台に

そんな問題を解決するのがデリバリー注文一元化サービスです。

大量のタブレットが一台に集約してオペレーションの簡略化に繋がるサービスが存在します。

Camelのサービス

株式会社Tacomsが展開しているCamelというサービスは国内のほぼ全てのデリバリーサービスと公式API連携済みのため、Uber Eats、出前館、menuなどに登録してもタブレットは一つで済みます。

さらに一拠点で複数店舗を運営している場合も一つに集約できるため、オペレーションの簡略化に繋がります。

複数業態の売上を一括、個別でも集計ができるため、ぱっと見でどこが売れているかなど把握しやすいです。

POSの連携

POSとも連携可能のため、オーダーが来た時レシートプリントに自動的に記録画面を確認することなく調理ができます。打ち込み作業も0になり経理ミスの削減が見込まれます。

また不明点やエラーがあっても365日コールセンターでサポート体制が整っているため安心です。

2つのプランと料金

Camelには二つのプランがあります。

スタンダードプランは月7,000円。業態は5つまでで登録サービスは無制限です。

プレミアムプランは月10,000円。業態、登録サービスともに無制限です。

注意点はUber Eats や出前館でレンタルするタブレットではCamelのサービスを利用できない場合があることです。自身で購入したタブレットの場合、ブラウザが利用できる環境であればどの端末でも利用できます。

利用にかかる時間

申し込みフォームから申し込み→デリバリー事業への連携申請→サポートセンターとMTGという流れで、大体1ヶ月程度見ていただければ導入可能です。

オペレーションをいかに簡略化するか

様々なデリバリーサービスが増え複雑化していく中、売上を上げる機会を逃さないためにもCamelのようなサービスを導入して効率化していくことが重要です。

Twitter をフォローする
Uber Eats に出店しませんか?

Uber Eats 導入サポート