Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアでお店を出店する方法とは?

本ページはプロモーションが含まれています。

Uber Eats 導入サポート

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアで出店するイメージ

運ぶのはUber Eats の配達パートナー

Uber Eats で提供するメニューを登録後、注文アプリに掲載されます。注文アプリからオーダーが入るとUber Eats の配達パートナーがお店まで料理を取りに来てくれます。沖縄エリアでは、雨の日、雪の日、台風の日など天候に関わらず業務委託の配達パートナーがお店のスタッフに代わって届けます。

オーダーがタブレットに入ってくる

Uber Eats に掲載したメニューが注文されると、お店に設置したタブレットにオーダーが届きます。そのオーダーに注文されたメニューの明細が表示されるので、それをみて調理を開始します。

売上は毎週振り込まれる

Uber Eats で売れた料理の代金は毎週お店の銀行口座へ振り込まれます。キャッシュフローが安定しているので、仕入に使ったコストをすぐに回収できます。

売れたときだけ手数料がかかる

Uber Eats の手数料は売れたときだけ発生します。

配達手数料は35%です

Uber Eats の配達パートナーを使うためのマージンです。

テイクアウト手数料は12%です

テイクアウトとは、Uber Eats のアプリで注文後、ユーザーがお店に取りにくるタイプの注文です。直接お店にきてテイクアウトすれば良さそうですが、電話するのが面倒だったり、店内で待ちたくなかったりと様々なニーズがあるようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアの出店費用

キャンペーン期間中は初期費用が無料です

本来、出店費用は360ドルとなりますが、現在はかかりませんので早めの出店をおすすめします。

写真撮影を依頼すると13,000円かかります

Uber Eats に掲載するメニュー写真を依頼する場合、費用がかかります。

タブレットをレンタルすると22,500円かかります

Uber Eats のオーダーを受け付けるタブレットをレンタルする場合、費用がかかります。タブレットは中古端末でも使えますので、お店側で購入しても問題ありません。ただし、店内にwifiがなかったり、適当に買ったタブレットがUber に対応していなかったり、お店側でタブレットを購入する場合、問題が発生する可能性があるので要注意です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアの出店方法

公式ページで登録申請を行う

まずは下記のページで登録申請を行います。

Uber Eatsと提携する理由

3営業日ほど連絡を待つ

登録申請を行ってから3営業日ほどすると担当者から電話もくしはメールで連絡がきます。

メールで送られてくる電子契約書にサインする

担当者から電話もしくはメールが届き、出店の意向を再確認されます。「出店をする」と伝えることで、電子契約書がメールで送られてきますのでそちらにサインを行います。

営業許可書とメニュー表を提出する

担当者から連絡があり次第、Uber から送られてくるメールに添付されたメニュー表を記入して営業許可書の画像と一緒に提出します。メニュー表の作成はとても煩雑な作業となっておりますので、サポートが必要な場合、ご利用ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアの出店にかかる時間

おおよそ1か月くらいかかります

公式ページで登録申請を行った後、メニュー表や営業許可書を提出し、タブレットを準備して営業開始するまで平均1か月ほどかかります。過去に登録を経験されている方は最短2週間ほどで登録から営業開始まで可能です。

メニュー表の作成に時間がかかります

Uber Eats の出店において1番時間がかかるのは、メニュー決めとメニュー表の作成です。配達に向いているメニューを考えたり、容器を検討したり、そうこうしているうちに時間がかかります。メニュー表には価格を記入する欄もあり、Uber Eats の販売手数料(35%)を加味した販売価格にする必要がございます。

営業開始日は自由に選べます

メニュー表を提出してタブレットの準備が整い次第、いつから営業開始するかを選択できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄の出店可能エリア

沖縄エリア那覇市
浦添市
沖縄市
宜野湾市
北中城村
北谷町
豊見城市
南風原町
糸満市

上記エリアで出店可能です。※一部使えないエリアがございます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアの特徴

人気店の例

那覇市内にある人気店の例

浦添市内にある人気店の例

那覇市内にある人気店の例

売れる時間帯は?

ランチタイム

11:30~13:00 に注文が集中します。

ディナータイム

19:00~20:30に注文が集中します。

天候に左右される

雨の日

雨の日は配達の注文が増加します。お店への来店が減るかわりに宅配が増えるのでお店にとっては嬉しい状況です。

雪の日

台風や雪の日は配達パートナーが激減し、運べる人がいなくなり宅配の注文も減少します。

需要が読みづらい

物凄い売れる週とそうでない週の差がある

Uber Eats の難しいところは、売れる日と売れない日の差が読みづらい点です。お店によっては、Uber Eats のために食材をどれくらい仕入れるべきか、どれくらい容器を調達しておくべきか悩むことがあるかもしれません。

配達パートナーの人数に影響される

沖縄エリアの中心地(県庁前駅やおもろまち駅周辺)には多くの配達パートナーが集まりますが、人口が少ないエリアでは配達パートナーの数も少なくなります。Uber Eats は配達パートナーありきのビジネスのため、お店の周辺に配達パートナーが少ない場合、注文も少なくなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアの出店戦略

周辺の加盟店を調べる

パソコンでUber Eats のページを開いて、気になる市区町村の名称を入力します。

例)お届け先に那覇市と入力

那覇市内の加盟店が表示されるので、どんなお店が出店しているのか参考にしましょう。

どんな料理が人気か確認する

マクドナルド国際通り牧志店の画像

満足度4.7 で100件以上の評価が付いている=たくさん購入されている!

満足度や評価件数が多いお店のジャンルは好まれる傾向にあります。類似したメニューを販売することで人気店になる確率が高まります。

地域に住む人をイメージする

単身世帯が多い場合

お店の半径2kmに一人暮らし世帯が多い場合、20代~30代の男女に好まれるメニュー(安くてボリューム満点の料理)が売れる傾向にあります。

家族世帯が多い場合

ファミリー層が多い場合、30代~40代の両親と小学生くらいの子供向けのメニュー(みんなで食べれる料理)が売れる傾向にあります。

選ばれる理由を考える

これから出店される場合、他のお店よりも優れている強みを考えましょう。

  • 値段の割にボリュームが多い
  • 競合が少ないメニューを扱う
  • 有名店やチェーン店と競合しないメニューを扱う
  • 手作りや自家製のイメージを強化する
  • Uber Eats でしか注文できないメニューを扱う
    などなど

Uber Eats の加盟店は約15万店舗に達します。そんな中で出店しても他の加盟店に埋もれてしまい、全く注文されない加盟店も存在します。あなたのお店が選ばれる強みをしっかり考える必要がございます。

適正価格を考える

Uber Eats の売価を考えるとき、35%の手数料を店頭価格に上乗せします。たとえば、店内1,000円で販売しているラーメンを1,538円にすることで、1538×35%=約538円となり、1,538円-538円=1,000円が入金される計算です。

このとき、本当に1,538円で問題ないのか、相場から逸脱していないか、Uber Eats 内の競合店の同じジャンルのメニューを確認することが大切です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)沖縄エリアの出店に役立つ情報

ツイッターのつぶやき

そうなんです!配達料600円払ってもデリバリーを注文するんです!

ラーメン酒場さんも出店してます!

旅行先のホテルでUber Eats を注文することもあります!

Uber Eats を一度使ってしまうともうやめられません!

サンドウィッチも売れます!

容器の仕入場上公社

サンプルがもらえる仕入先がおすすめです!

沖縄エリアの登録サポート

関連記事

» Uber Eats(ウーバーイーツ)出店登録ガイド

Twitter をフォローする
Uber Eats に出店しませんか?

Uber Eats 導入サポート